読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽を抱く月(太陽を抱いた月/해를 품은달)11話~韓国ドラマ あらすじ&感想~※ネタバレあり

スポンサードリンク

 11話あらすじ

「許されぬ縁」  

  ※以下、ネタばれがありますのでご注意下さいm(_ _)m

 王宮に向かうウォル(ヨヌ)を呼び止める陽明君だったが、チャン・ノギョンに制止される。あの娘の為にも近づいてはならないとくぎを刺される。

 

ウォル(ヨヌ)がフォンに会うと何処で生まれ育ったのか、家族について聞かれるが、記憶が無いので答える事が出来ない。

 

ヨヌの死に疑問を抱いたフォンは密かに調査を始める。

 

陽明君にヨヌの事を教えたチャンシルはチャン・ノギョンに星宿庁を追い出されてしまう。しかし、陽明君のおかげで、町の酒場で世話になっていた。手紙でウォル(ヨヌ)に着替えを持って来てもらうように頼む。

チャンシルの着替え渡すために町に出たウォル(ヨヌ)はお忍びで町に来ていたフォンに会う。そして二人で人形劇を見る。ウォル(ヨヌ)が「思い人に会えましたか?」と聞くとフォンは「その娘はこの世にいないので会えない」と答える。そして「巫女は霊魂と話せると聞く。お前があの娘に伝えてくれないか?私がとても、とても好きだったと。」と言い笑顔を見せた。

感想

ウォルも記憶が無いのは辛いんだよね。あんなに素敵な家族がいたのに思い出せず、捨てられたと思っているし。

チャンシルの手紙は漢字じゃなくてハングルなんだね。シャンシルは陽明君の事が好きなのかなぁ?

フォンはもうずっと変わらずヨヌの事ばかり思っているだね。世子妃と呼んでいるし。