読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽を抱く月(太陽を抱いた月/해를 품은달)13話~韓国ドラマ あらすじ&感想~※ネタバレあり

スポンサードリンク

13話あらすじ

「ただひとつの望み」  

  ※以下、ネタばれがありますのでご注意下さいm(_ _)m

床入りの夜、フォンは突然倒れ、ウォル(ヨヌ)が康寧殿に呼び出され駆けつけると容態は落ち着いた。

フォンの容体急変は誰かが呪いをかけたと噂になる。中殿の陰謀により厄受け巫女の仕業だとウォル(ヨヌ)は濡れ衣を着せられ大逆罪で義禁府に捕まってしまう。フォンに呪いをかけていたのはヘガク道士だった。

ウォル(ヨヌ)の為に、フォン・ノギョンはそれぞれ大妃に助けを求める。陽明君は事件当時一緒にいたと証言する。

感想

フォンの体調が悪くなるのはヘガク道士のせいだったんですね。

フォンと陽明君の仲がどんどん悪くなっているのが心配。それぞれヨヌの為にしている事が通じ合えないんですね。