読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬医(バイ/マイ)48話~韓国ドラマ あらすじ&感想~※ネタバレあり

スポンサードリンク

48話あらすじ

「愛の行方」

  ※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

馬医 韓国ドラマ あらすじ&感想 リストはこちら←

 クァンヒョンは顕宗王に会い、養父ペク・ソックに身分が変わる程の手柄があると言いインジュを呼びよせる。顕宗王に捕盗庁の日誌とイ・ヒョンイクの診療日誌を見せる。それには昭顕世子が亡くなった日の記録が書かれており、口封じの為イ・ヒョンイクは殺され、事件を告発したペク・ソックも殺害されたとインジュが証言した。あまりに重大な真実の為公に出来ない事は分かっているが、養父ペク・ソックの無念をはらしたいと訴えるクァンヒョン。

 

顕宗王は悩む。とても表沙汰に出来る内容では無かったがペク・ソックの功績はたたえたい。過去の記録を調べさせ、重罪人を告発した奴婢の身分が上がった前例があるのを探し出した。イ・ミョンファンがイ・ヒョンイクを殺害したのを告発したのがペク・ソックだった。顕宗王はペク・ソック身分を昇格させる十分な名分があると言い、ペクソックの身分を良民にあげ、娘チニョンの身分も良民にすると宣旨を下した。

 

チニョンとクァンヒョンは王様の指示により、ペク・ソックの墓をカン・ドジュンの墓の隣に移した。

 

国法では子供は母親の身分を継ぐ事になっており、クァンヒョンがチニョンと結婚したのではカン家の家門が守れなくなってしまう。そんな医女達の噂話を聞いたチニョンは落ち込む。

新しく左議政になったホン・ユンシクは朝鮮一の名家を継ぐ事となったクァンヒョンに近づきクァンヒョンを文官に推挙するが、クァンヒョンは取り下げを願い出てチニョンとの結婚を決める。迷っていたチニョンだったが、イノクに怒られクァンヒョンと一緒の道を歩いて行くことを決意した。そしてクァンヒョンは父の志を継ぐべく、屋敷を大改造して診療所を開く事に。

感想

新人医女に元医女長チョビがいた。よく試験に通ったな( ⓛ ω ⓛ ;)よほど仕事が無かったのかな。プライドとか無いのかしら。ガヨンの後輩いびりがすごい。

腹黒い重臣達がいなくなってしまって、トンチョカヨ ジュシオプソソ(통촉하여 주시옵소서/お聞き入れくださいませ)という言葉がなんかいつもと違ってましたね。やっぱり悪役重臣はよく言うセリフだとうから慣れてたんだろうな。