読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽を抱く月(太陽を抱いた月/해를 품은달)5話~韓国ドラマ あらすじ&感想~※ネタバレあり

スポンサードリンク

5話あらすじ

「涙にかすむ月」  

  ※以下、ネタばれがありますのでご注意下さいm(_ _)m

世子嬪に選ばれたヨヌの習儀(儀式の為の練習)が始まった。婚礼の儀式も大変そうです。

その夜、国巫ノギョンのもとを訪れた大妃。ヨヌを呪う儀式を始める。黒煙が立ち上りヨヌを襲い、ヨヌはそのまま動けなくなってしまう。何も知らずに連れて来られたミナ王女は驚きのあまり声を失い、ただただ恐怖に怯えるばかりだった。

床に伏せたヨヌは宮を追い出され家に帰されてしまう。

フォンは大妃に、こうなったのも全て自分のせいだと言われ、悩む。

 

実家に帰されたヨヌは医者に診てもらうが、病の原因が分からない。そんな中、国巫ノギョンが父ホ・ヨンジェを訪ねてくる。ヨヌを見て、神霊が宿っている。神霊を断ち切り苦しまずに逝かせる唯一の方法は薬を飲ませる事だと言われる。

 

フォンは宮殿を抜け出しヨヌに会いに行く。フォンは病床のヨヌに「太陽を抱く月」と名付けたかんざしを送る。ヨヌはこれまでの過ちを詫び、こうなったのは全ては自分のせいだと言う。

 

父ホ・ヨンジェは覚悟を決め国巫ノギョンに会い薬をもらう。家で薬を煎じるホ・ヨンジェ。ヨヌは全てを悟った様子で父の手から薬を飲み動かなくなった。

感想

ヨヌ親子のやりとりがとても切なかったですねぇ。自らの手で娘をおくらないといけないお父さんの愛情と憤りと。賢い娘は素直に受け入れる優しさと。

題名となった太陽を抱く月とはかんざしの事だったんですね。これからのキーアイテムになるんでしょうか。