読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬医37話~韓国ドラマ あらすじ&感想~※ネタバレあり

スポンサードリンク

馬医 韓国ドラマ あらすじ&感想 リストはこちら←

37話あらすじ

「遺志を継いで」

  ※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

王宮で清国使節団の為の宴が開かれる。清国宰相はイ・ミョンファンや医療団に礼を言うと、実際に病を治した者は他にいると言い、クァンヒョンを呼びよせ。清国宰相は顕宗王に「側室様を治療した医師ペク・クァンヒョンです。」と紹介する。クァンヒョンの姿に驚く人々。

清国宰相に詳しく話を聞く顕宗王。側室様だけでなく清国の多くの人々が救われたと良い、クァンヒョンの罪を許してもらえるよう頼む清国宰相。

クァンヒョンは亡きコ・ジュマンの意思を継ぎ、多くの民を救う治腫院を守る為に戻ったと言う。顕宗王は悩んだ末、クァンヒョンの罪を許し、功績を認め医官職を与えた。

罪が許されたクァンヒョンは雪の降る中、チニョンを探し、チニョンもまたクァンヒョンを探し、ようやく出会えた二人。あの橋の上で。

 

恵民署の新所長にはずっとコ・ジュマンを支えて来たシン・ビョンハがなり治腫院を再会する事になった。そして新しい医官として紹介されるクァンヒョン。そしてなぜかソ・ガヨンも医女として恵民署で働く事に。相変わらずの態度の大きさにみんなペースを乱される。

干ばつの影響で患者が増えている恵民署では外科手術後栄養がとれず、走黄(敗血症)をおこす者が出ていた。サアム師匠に相談するクァンヒョン。「こんな時、治腫指南があればどれほど助かるか・・・。」ともらすサアム師匠。

 

感想

みんなクァンヒョンが帰って来て大喜びでしたね。生きていると信じて待っててくれた人が沢山いて嬉しいね。

わぁ。クァンヒョンが医官になった。今までずっとボロボロの格好が多かったので立派な姿が見れるとは。なんだか私まで嬉しい(゜∀゜)♪よく似合ってるし。