読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬医34話~韓国ドラマ あらすじ&感想~ ※ネタバレあり

スポンサードリンク

馬医 韓国ドラマ あらすじ&感想 リストはこちら←

34話あらすじ

「反撃の始まり」  

  ※以下、ネタばれがありますのでご注意下さいm(__)m

 

3年ぶりに朝鮮に戻ったサアム師匠とソ・ガヨン。クァンヒョンは一足はやく朝鮮に戻っている様子。

 

インジュとシン・ビョンハ医官と共に恵民署を辞めて貧しい民のための治腫院を設立したチニョン。ギベおじさん達もいる。沢山の患者訪れて治療しきれない。恵民署は堕落してしまい、施療庁は貧しい患者を診ないだけでなく治療が難しい患者を受け入れないという。

 

3か月程前から足が動かなくなったというチェさんが全財産を持って施療庁を訪れた。診断の結果、腓腨疽(ふくらはぎが腫れて化膿する症状)で治療が困難な為、治療出来なければ施療庁の名に傷がつくと追い返されてしまう。

 

サアム師匠とソ・ガヨンはクァンヒョンの家に着く。クァンヒョンは朝鮮に戻った事を誰にも知らせずに粗末な暮らしをしていた。その前にやるべき事があると言う。

 

施療庁に治療を断られたチェさんが途方に暮れている所をクァンヒョンが声をかけ治療する事になり簡単な外科手術で治してしまう。

 

施療庁では王様の依頼で、病気にかかった前右議政のオ・ギュテを診察する事になった。脱疽(血流障害で手足が壊死 (えし) した症状)になっていて病状はかなり進んでいた。イ・ミョンファンは治療を諦める。そんな時、オ・ギュテの息子オ・ソンホはクァンヒョンの噂を聞く。

 

チニョンは密かにギベおじさん達と薬契(ヤッケ)の活動をしていた。禁義軍が薬契の取り締まりに出た事を知ったソンハはチニョンを助けに出かける。その様子を偶然見ていたクァンヒョンは後をつける。ソンハの知らせでアジトから逃げ出す薬契メンバー。チニョン達を先に逃がし、禁義軍を足止めしたソンハは深手を負ってしまう。ソンハの後をつけていたクァンヒョンはソンハを洞窟に運び治療を行い一命を取り留める。

 

オ・ソンホはクァンヒョンの噂を聞きつけ、オ・ギュテの診察を頼む。足を切断すれば命を救えると言う。驚くオ・ギュテ親子。

感想

ようやく朝鮮に戻ったけど、なかなかみんなに会いませんねぇ。もどかしい(*´Д`)=3

クァンヒョン昔は弱弱だったのに、清国にいって武術も覚えたのかな?

外科手術も受け入れてもらえないのに足の切断とか言われてもなかなか受け入れられないよねぇ。