読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬医32話~韓国ドラマ あらすじ&感想~ ※ネタバレあり

スポンサードリンク

馬医 韓国ドラマ あらすじ&感想 リストはこちら←

32話あらすじ

「意外な結末」  

 

 

  ※以下、ネタばれがありますのでご注意下さいm(__)m

清国で代理治療に挑んだクァンヒョン。担当したおじいさんの外科手術に一旦成功するが、術後破傷風にかかってしまう。クァンヒョンは清国に来てから3年破傷風の治療をずっと研究していた。そこで再手術する事にした。

 

一方、朝鮮から来た医療団はチニョンが提案するお灸による治療方法を試みる。

 

治療法を決める日になり太医様がやってきてた。クァンヒョンは外科手術による経過を報告する。

イ・ミョンファン率いる李朝鮮医療団の患者も病状が完治はしていなかったものの好転していた。結局側室の治療医に選ばれたのはイ・ミョンファンだった。無事に側室の治療を終え、宴席が開かれる。

 

側室の治療方法が決まり、代理治療していた医師も患者も追い出されてしまう。クァンヒョンは治療していたおじいさんを呼び止め宿で破傷風の治療を続けおじいさんは完治した。クァンヒョンは朝鮮に帰る機会を逃してしまったものの、自分の患者を救えたことに満足していた。

宿の前が騒がしく出てみると代理治療を追い出された患者たちが噂を聞きつけつめかけていた。サアム師匠も一緒に全員を治療していると、清国の兵士がやって来てクァンヒョンは連行され、たどり着いた場所は宮廷だった。そこで待っていたのは清国の皇帝だった。

 

感想

代理治療を受けていた患者さん、用済みになったら追い出されるなんて・・・(ФwФ;)クァンヒョンとサアム師匠がいて良かったわぁ。

ソ・ガヨンが面白いです。誰にもタメ口をきくユニークキャラ。でも良い娘なんですよね。