読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬医31話~韓国ドラマ あらすじ&感想~※ネタバレあり

スポンサードリンク

馬医 韓国ドラマ あらすじ&感想 リストはこちら←

31話あらすじ

「消せぬ恋心」  

 

  ※以下、ネタばれがありますのでご注意下さいm(__)m

喪が明けた淑徽王女は羽を伸ばそうと思っていたが、顕宗のはからいで宮廷に戻れる事になった。結婚した王女は宮廷を出ていくしきたりなので異例の事である。がっくりと肩を落とす淑徽王女。

 

清国ではサアムがクァンヒョンに朝鮮に帰りたくないか?と重病にかかった清国皇帝の側室の治療話を持ちかける。治療出来れば清国皇帝の勅書がもらえ、朝鮮に帰れるかもしれないというのだ。

 

同じ頃、イ・ミョンファン率いる朝鮮の医療団も清国の太医監(テイガム)に到着していた。太医監の太医(テイ)はチニョンの師匠だった。皇帝の側室を診察すると背中が附骨疽(化膿性骨髄炎)にかかっていた。まずは朝鮮医療団と清国で一般公募した医師とで同じ病状の患者を治療してみて効果があった治療法が選ばれるという代理治療を行うようだ。

附骨疽(化膿性骨髄炎)といえばコ・ジュマンがかかっていた病と同じですね。

クァンヒョンは一般公募に推薦状を持って応募し、代理治療に参加する事になった。3日間で割り当てられた患者の病状を好転させた医師が側室を治療する事が出来る。クァンヒョンは朝鮮出身のおじいさんの担当になった。おじいさんの病状を見てうろたえる。コ・ジュマンと同じ附骨疽だったからだ。サアムは治療に失敗したこの病という山を越えろと叱咤する。 

 

朝鮮でウンソの家を訪ねた淑徽王女は偶然ソ・ドゥシクからの手紙を読んでしまう。それには清国でクァンヒョンが生きているかもしれないと書いてあった。     

 

クァンヒョンは1日たっても代理治療を始められずにいたが、ついに外科手術する決心をする。手術は一旦無事に終了したが、これから破傷風にかからないかが問題だが・・・。

 

感想

代理治療って貧しい人が難病を無償で診てもらえる機会がもらえるのは良いかもしれませんが、 一般の患者がラット扱いですね (☉_☉;)聞いたことも無い外科手術の話を聞いて手術を受けるおじいさんも決死の覚悟だな。