読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬医30話~韓国ドラマ あらすじ&感想~ ※ネタバレあり

スポンサードリンク

馬医 韓国ドラマ あらすじ&感想 リストはこちら←

30話あらすじ

「異国の地で」  

  ※以下、ネタばれがありますのでご注意下さいm(__)m

時は過ぎ3年後。

舞台は、清国浙江省寧波(しんこくせっこうしょうねいは)に移る。

サアム、カヨン、クァンヒョンは以前も訪れた餃子店を訪れる。あんなに美味しかった餃子の味が変わっていた。異変を感じたクァンヒョンが店主を診ると頭風症(ずふうしょう)にかかっていた。

頭風症・・・慢性頭痛・顔面の知覚が麻痺する症状

倒れてしまう店主。急遽舌の結石を取る手術を行う事になった。手術の腕も上がり、サアムからも一目おかれるようになり、クァンヒョンはすっかり清国の言葉も話せるようになっている。

役所を訪れたサアムらは副太守に会う。副太守の娘が嫁ぎ先で横腹に大きなこぶが出来る得体の知れない奇病にかかったという。重臣の家に嫁いだせいで、世間体を気にし夫に部屋から出してももらえないという。

 

一方、朝鮮でチニョンは男装でヨンダルとして、インジュ・キベおじさん・チャボン兄と共に薬契(ヤッケ)を取り仕切っていた。薬契のせいで都の薬材商が大損し、賄賂をもらっている大臣達も困り果てていた。

淑徽王女は結婚後寡婦(未亡人)になっていて3年間喪に服しお寺で暮らしていた。喪が明けたのではじけている様子。王宮では世子が病気に伏せていた。

 

清国で副太守の娘の部屋に忍び込んだサアム達は脇腹に出来た大きなこぶを診て驚く。こぶの中に赤子が出来ている。急遽帝王切開手術が行われクァンヒョンが執刀する事に。難しい手術のだったが、元気な男の子が生まれた。

 

クァンヒョンを清国で見かけたとの噂を聞いたソ・ドゥシクは自ら清国に探しに行く事にした。

清国の皇帝の側室ウヒが重い病にかかっている為、朝鮮からもイ・ミョンファン率いる医療団を派遣する事になった。チニョン・インジュ・テマン・テジュも派遣団の一員になり清国に向かう。

 

感想

チニョンの男装をみると善徳女王を思い出しますねぇ。

淑徽王女は結局、激しく不細工な右議政の息子と結婚してたんですかね。すっかり落ち着いたと思ったら気のせいでした。

カヨンのチャイナドレス姿も見逃せませんね(*´∀`*)♪

清国の方々がいやに朝鮮言葉を話すのが気になりますけど(笑)

みんなの方から清国にやって来る意外な展開。再会する事は出来るのでしょうか??