読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬医6話~韓国ドラマ あらすじ&感想~※ネタバレあり

スポンサードリンク

馬医 韓国ドラマ あらすじ&感想 リストはこちら←

6話あらすじ

「命懸けの試練」

 

【6話キャスト】

  • ペク・クァンヒョン役チョ・スンウ):馬医
  • カン・チニョン(ヨンダル)役(イ・ヨウォン)
  • イ・ソンハ役(イ・サンウ):イ・ミョンファンの息子
  • 淑徽(スッキ)王女役(キム・ウソン):顕宗妹
  • 顕宗(ヒョンジョン)役(ハン・サンジン):朝鮮王朝第18代王
  • イ・ミョンファン(ソン・チャンミン):内医院の院長
  • チャン・ソンジョ(キム・チャンワン):朝廷の重臣
  • チャン・インジュ(ユソン):医女
  • コ・ジュマン(イ・スンジェ):恵民署の所長
  • チュ・キベ役(イ・ヒド):馬医
  • チャボン役(アン・サンテ):馬医、チュ・キベの部下

※以下、ネタばれがありますのでご注意下さいm(__)m

 

薬を買いに都の異人町に来たクァンヒョンとチャボン兄だったが、立ち寄った遊郭で酔っ払いに絡まれる淑徽王女とカン・チニョンを助ける。しかし、淑徽王女がこの国の王女だと言うのを信用せず、バカにしてしまう。

 

翌日、カン・チニョンは恵民署の医女になりたくて、恵民署に行くが、そこで恵民署の医女になっていたチャン・インジュに断られてしまう。

 

クァンヒョンは昨日王女の事を侮辱した為、捕えられてしまう。淑徽王女が飼っている病気の猫を治療し釈放される。

 

なんとか釈放されたクァンヒョンだったが、牧場に来ていた清国に献上する馬が肺炎になってしまい、牧場の馬医キベが捕えられてしまった。

キベを救うべく、命がけで馬を治療すると申し出るクァンヒョン。

 

チニョンは淑徽王女から先日異人町で会った男が、猫を治療してくれた話を聞く。男の名前がペク・クァンヒョンと聞き、動揺を隠せない。

 

感想

 

イ・サンでは英祖王だったイ・スンジェは恵民署の所長で、引き連れた恵民署のメンバーがなんだか懐かしい顔ぶれ。

 

馬が300両で馬医の値段が20両となんだか切ないお話。イ・ミョンファンはなんだかんだで馬医には優しい。ああ言ってクァンヒョンに諦めさせようとしたのかな?なんて思ったり。