読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セントラルスパ(06.05.03)韓国旅行2日目⑤

スポンサードリンク

水原駅から、地下鉄1号線に乗り衿井駅で乗り継いで、 梨水駅で地下鉄7号線へ乗り換え、高速バスターミナル駅で降りました。

 

 

セントラルスパへ

 

地下鉄の駅を上り、右手に行くとありました。 セントラルスパ!チムジルパンです。入り口を入り、カウンターへ。 日本人が来たとわかった、受付のお姉さんは一生懸命、日本語の説明文章を探していました。ようやくみつかり、説明をしてくれました。 基本入場料は10000Wです。 チムジルパンとは、サウナ版スーパー銭湯って感じかな。 受付で、白いTシャツと短パン、タオル、バスタオル、カギを受け取り、2階へ。2階で靴箱に靴を入れて、入り口を入ると、 従業員らしき、おばちゃん達が、休憩所で雑談中の様でした。あっ、そうだ。チムジルパンではくつ下が必須アイテムって本に書いてあった気がする。専用のくつ下とかがあるのかなー?と思い、 売店に行っておばちゃんに聞いてみるものの、 片言の日本語のおばちゃんに通じず。 身振り手振りで必死に説明。 なんとかくつ下を買いました。 くつ下って単語が分からなかった。

まずお風呂に向かいました。 温度の異なるお風呂が何個かあり、 その横では、あかすりをするスペースがあり、 あかりすおばちゃんが待機してました。 洗い場のシャワーはどうやら壊れている物があるみたいで、 一つ目のシャワーは水が出なかったので、 私は別の場所に移りました。 はっちゃんのシャワーも壊れていたみたいで、 はっちゃんは使い方が違うのかと思ったらしく、 ちかくのおばちゃんに使い方を聞いていました。 おばちゃんがやっても出ないみたいで、 やっぱり別の場所に移ってました。地元のおばちゃんが多かったです。 おばちゃん達はみな、当然のようにアカスリタオルで、 体をゴシゴシしてました。 ああー私も買ってくれば良かったなー。

 

韓国のサウナ チムジルパンを体験

 

お風呂からあがり、Tシャツと短パンを着て、 チムジルパンの方へ向かいました。 まず広いスペースがあり、大きなTVがありました。この場所からは男女共有スペースになっています。 そこではのんびり休憩してる人がいました。 その奥に、サウナがありました。 何個か入り口があり、それぞれ入り口に説明が書いてありました。 サウナにより、温度がかなり違います。サウナの中は円形になっており、 ござみたいなのが敷いてあって、 所どころに、木の枕が置いてあります。 敷物があるので靴下いらなかったかもなー。。。。

私が気に入ったのは、水晶のサウナ。 壁一面に水晶が貼ってあり、キラキラしてきれいでした。温度もあまり高くなく、サウナ苦手な私でも長くいられました。

横になっていると、世間話する、おじちゃん、 おばちゃん、いちゃいちゃカップルなど色々な人が。 暑くなったので、アイスサウナに移動。 アイスサウナはめっちゃひんやりしています。 若い女の子が、マンガとジュースを持ち込み、 自宅のごとく、くつろいでました。 私もサウナ苦手ですが、はっちゃんも苦手だったらしく、 先に出ていました。 日本にもチムジルパンがあったら良いのになーと思いました。

 

追記:セントラルスパはその後閉店しています。