読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「美しき日々」ロケ地 ミリオレ(06.05.03)韓国旅行2日目⑥

スポンサードリンク

美しき日々 ロケ地 ミリオレ セナが歌ったステージ

旅の疲れも取れた二人。 次に向かうは、東大門運動場です。地下鉄3号線にのり、高速バスターミナル駅から、 忠武路で4号線に乗り換え、東大門運動場で降りました。

 

f:id:Tomy103103:20170429160216j:plain

 

東大門はおしゃれな若者ファッションの町って感じでした。ミリオレを目指し歩いているとちょこちょこ露店が出ていました。 途中、パイナップルバーを買いました。 冷たくってめちゃめちゃ美味しかったです。 韓国の旅で食べた物の中で一番美味しかったかもミリオレ到着。

 

目的は、ミリオレ前のステージ。

 

f:id:Tomy103103:20170429160217j:plain

そうここは、「美しき日々」でセナが歌を歌ったステージです。

同じだー!このライトが沢山ついたステージ誰もいないステージを撮る怪しい観光客です。ちょこっとミリオレ内も見学。 うーん。ジミーズの私としては、全然ご縁のない、 お洒落ビルでした。

 

 

東大門市場の屋台

 

f:id:Tomy103103:20170429160317j:plain

 

東大門市場を見てまわりました。 卸問屋って感じの店が並んでいました。 「だんだん日も落ちて来て、 道に屋台が出ました。

 

f:id:Tomy103103:20170429160218j:plain

ミリオレ向かいの道路脇に出ていた、 屋台の一つに入りました。車通りの多い道の脇で食べるのは不思議な感じでした。 私はパジョンを、はっちゃんはうどんを注文。 スープも付いてきました。 スープがとっても美味しかったです。

さっぱりしたものが食べたいと思ったんだけど、 パジョンは油たっぷり。 一見普通のうどんは、すくうと汁が赤くなりました。 やっぱり韓国!うどんも辛いのでした。

二人で食べていると、通りすがりのお兄さんが、 声をかけて来ました。 お兄さんは「富士山登った事あるのか?」 と聞いてきました。 日本人が全員富士山に登っているわけでは無いぞ。どうして日本人とすぐばれてしまうのか。。。? やはり格好が観光客だからでしょうか?

 

 

南山ゲストハウスに戻りお土産を買いに

 

 

お腹いっぱいになった二人。 一旦ゲストハウスに戻る事にしました。

地下鉄の駅への途中、露店でおばあちゃんが、 駄菓子を売っていました。 ポン菓子みたいな駄菓子を買いました。 地下鉄で明洞にあるゲストハウスに荷物を置きに帰ると、 ゲストハウス前では、バーベキューパーティーの後だったらしく、 日本人や韓国人やその他の国の人々が国際色も豊かに、 おしゃべりしている所でした。

出がけにオーナーに「今日はバーベキューパーティーがあるから」と、 言われたのに、戻って来なかった私たち・・・(^_^);

一応挨拶をしてから、荷物を置いて再び明洞の町へ向かいました。 お土産を買っておかないといけません。 明洞は昼間とは違った雰囲気で、 通りには露店が立ち並んでいました。 韓流グッツも売られていましたが、高いゾ。ちょっと安くしてもらってクォン・サンウチャン・ドンゴンのメモ帳を買いました。2つで8000Wでした。 日本で買うより安いかな。

南大門市場の方にも行き、のりを探しました。 こちらの方はもう店が閉まりつつありました。 開いている店で値段を聞くと高い。と悩んでいると、 韓国人女性が店主になにやら言っています。 想像だけど、 女性:「なんでこんな高い値段で売っているのよ」 店主:「ああこの人達は、日本人観光客さ」 女性:「ああそうなの」 と言っている雰囲気(あくまで聞き取れた所と表情からの想像です) やっぱ、ぼったくられている気がする。

次の店に行くと、さっきの店の倍の値段。あ何処で買えば良いのかー?? 悩んだ挙句、コンビニでのりを買うことにしました。 店中の海苔を買いしめたが、これでは足りないので、 もっとないのかと思って、 アルバイトのお兄さんに聞くと、英語で話し返してくるではないか。 私は英語しゃべれないんだよー。片言ハングルで伝えると、 一応理解してくれたらしく、在庫を店長に聞いてくれました。 どうやら在庫は無かったらしい。 のりありったけとガムを大量に購入。 このままではのりが足りないなーと思っていると、 行商風なおばちゃんがのりを売っていました。 お店で聞いた値段に比べるとずい分安いようなので、 沢山買いました。おまけもしてくれました。 良かった良かった。本当私たちついてるわ。

お土産もバッチリで再びゲストハウスに戻りました。 ゲストハウスの入り口ではまだ何人か話をしている、 宿泊客がいたので、はっちゃんと二人で荷物を置き、 参加する事に。行ってみると、オーナーが一緒にどうです? と誘ってくれました。 韓国人と日本人女性、カナダ人とかいました。 オーナーと何人かの韓国人は日本語が上手でした。 色々話が出来て良かったです。交流も果たせて大満足でした。

 

 

追記:その後南山ゲストハウス1は営業を終了したようです。

www.seoulnavi.com